ノートの切れ端

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2012年12月  】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  12.30.  【 サンタクロースを待つ(短編) 】  サンタクロースを待つ(3/3)   さわりを読む▼
  12.30.  【 加速度 】  9.1 - オレンジの万有引力(1)   さわりを読む▼


スポンサーサイト

スポンサー広告

 全文を読む


サンタクロースを待つ(3/3)

サンタクロースを待つ(短編)

 遅番の澤村はまだこれから3時間残っているので、帰りは明子と二人だ。いつものように裏口で待つ。今日はいつにも増して出てくるのが遅いけれども、待たなければいけない。手がかじかんで動かなくなってきた頃に、かちゃりと小さな音がして明子が出てきた。「……お待たせ」小さな蝶番の摩擦音にさえかき消されそうな明子の声。それに気づかないふりで俺は右手を上げる。「おう。寒いから早く帰ろう」明子が横に並ぶのを待たずに歩き...全文を読む


9.1 - オレンジの万有引力(1)

加速度

 休日の工場はがらんとしていて寂しい。普段は駐車場をいっぱいに埋め尽くしている車も、煙突から立ち上る蒸気も、モーターが低くうなりを上げる駆動音も今はない。意外に緑の多かった会社の全景を横目に、玄関を抜けて階段を下りる。日差しを受けるととても暖かい。こんなに暖かい日は久しぶりだった。腕時計は正午に差し掛かる少し前を指している。家からここまで1時 間はかかったけれど、用事は3分で片付いた。脇に抱えた社名入...全文を読む

 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。