ノートの切れ端

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年01月  】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  01.04.  【 短編集 】  (短編集の説明ページ)   さわりを読む▼
  01.05.  【 短編集 】  年越しそば   さわりを読む▼
  01.20.  【 短編集 】  雪が降る町   さわりを読む▼
  01.25.  【 メルティーキッス 】  (メルティーキッス 説明ページ)   さわりを読む▼
  01.26.  【 メルティーキッス 】  メルティーキッス#1 バレンタインに一番合うチョコレートを   さわりを読む▼


スポンサーサイト

スポンサー広告

 全文を読む


(短編集の説明ページ)

短編集

 1ページ完結の短編をまとめて置いています。...全文を読む


年越しそば

短編集

  「三千世界の烏を殺し、ぬしと朝寝がしてみたい」  台所で慌ただしく年越し蕎麦の準備をする妻に呟く。そっと後ろに立って、抱きすくめるみたいな声音で。  そんな伝説の睦言でさえも、妻には届かない。ただ「ふーん」と気のない返事をされるだけ。  「言葉は弓で射られた矢だよね」私は些か焦りながら妻に言う。  「どのあたりが?」妻は鍋をじっと睨みつけながら呟く。細かい泡が断続的に立ち昇る。私のことなんて視界の隅...全文を読む


雪が降る町

短編集

  「お願い高井くん、家まで送ってって」と、山中さんは言った。顔の前でぱんと合わされた両手に、ゆるやかなパーマがふわりと揺れた。これが例えば飲み会の帰りだとか、重い打ち明け話の後だとか、そういう場面であればもう少しロマンチックな想像も膨らんだのだろうけれど。「他の人たちはどうしちゃったんです?」事務所には誰も残っていなかった。蛍光灯もあらかた落とされていて、オレと山中さんの机の周りだけが明るく照らさ...全文を読む


(メルティーキッス 説明ページ)

メルティーキッス

  バレンタインとチョコレートについての連作短編です。 先の展開を全く考えていないので不定期更新になると思います。 ...全文を読む


メルティーキッス#1 バレンタインに一番合うチョコレートを

メルティーキッス

 そもそも私が姉に聞きたかったのはアーモンドチョコレートの作り方だったのだ。それだって本当は、姉じゃなくて誰か他の人に教えてもらいながら作りたかったのだけど。友達に作り方を聞いて回ったら、「知らない」「なんか、すごくめんどくさいらしいよ」「チョコレートなんて溶かして固めるしかやらないし」という答え。そんなのばっかで誰も教えてくれなかった。でも、どうしても作りたかったんだ。バレンタインまでに覚えたかっ...全文を読む

 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。